植毛だけじゃないAGAの治療法は皮膚科でも提案可能

薄毛を改善して生活までも豊かにしよう

髪を増やす施術の種類

植毛の種類と価格形態

植毛には人口の毛を植えるタイプと、自分の髪の毛を植えるタイプがあります。 前者は施術も容易で金額もやや少なめに抑えられています。後者は自分自身の髪の毛を使用するので、施術には若干時間を要し、それが定着するまでの期間も3カ月から半年と幅があります。費用の方も人工植毛に比べると幾分高価になる傾向にある様です。 もっとも植える部位や本数によって価格は変動します。髪の毛の本単位で産出するケースもあれば、植毛面積ごとに料金が加算されるケースもあります。どちらも主流であるので、片方が片方より優れている、又は劣っているという事はありません。植毛を扱う病院の指針に依るところが大きいでしょう。ところによっては分割払いなどに応じている事もあります。

自分の髪の毛が増える

人工植毛は、本物の髪の毛に似せた手作りの髪の毛を植えるシステムです。人間の頭皮は思いのほか敏感な部分であるため、人口毛との相性が悪く拒絶反応が出てしまうケースも少なからずあります。 これに対して自毛植毛の場合は、自分自身の髪の毛を利用しているわけですから、髪と肌の相性による拒絶反応が起こるケースは極めて少ないというメリットがあります。また施術部分が他の部分との境目に自然に溶け込むようにフィットするので、精度の低いカツラを被ったときの様な違和感はほとんどありません。 施術後の1〜2ヶ月はショックロスと呼ばれる脱毛期間がありますが、それが過ぎれば正真正銘自分の髪の毛として半永久的に定着するのが最大の利点と言えます。