植毛だけじゃないAGAの治療法は皮膚科でも提案可能

薄毛を改善して生活までも豊かにしよう

昔から見る治療費

治療にかかる医療費の相場

皮膚科クリニックなどで出来る薄毛治療は健康保険が効かないため、毎回自費で治療を受ける必要があります。薄毛治療にかかる医療費は自由診療なので、利用する病院ごとに違います。 皮膚科は最初の初診料と薬の処方料などで1万円くらいかかります。頭皮クリニックは最初に採血や血液検査、場合によっては遺伝子検査などもあり、検査料だけで1万円〜2万円くらいする場合が多いようです。 皮膚科では投薬治療がメインです。プロペシアなどは6千円〜8千円くらいで買えます。薬がなくなったらまた皮膚科に行けば簡単な診察と薬の処方せんがもらえます。頭皮クリニックだと頭皮チェックのため毎月通院する必要があります。通院の度に3万円くらいの医療費がかかります。

薄毛治療の歴史と変遷

薄毛治療は今から5000年以上前にいた古代エジプト人たちが始めたとされるのが最も古い記録です。その頃のエジプト人たちはガチョウの脂肪やワニの脂肪などを育毛剤として使用していたといいます。 それから時代が過ぎ、今は現代医学の力で薄毛治療ができます。薄毛治療薬の特効薬プロペシアが誕生したのは1990代前半のことです。最初は前立腺肥大治療薬として使用されていました。しかし、治療の過程で体毛が濃くなる副作用が見られたことで、薄毛治療薬としての研究が始まりました。そして臨床実験の結果、高い発毛率があることが分かり、正式に薄毛治療薬として販売がスタートしたのです。 2005年には日本の厚生労働省も認可し、全国の皮膚科で買えるようになっています。